Sponsored Link

人をなめない、人からなめられない生き方

 自分は対等な関係だと思っているにもかかわらず、見下されたり、馬鹿にしたニヤニヤ笑いをされたり、なめられていると気付くと、憤りと同時に情けない心境にもなります。
 なめられやすい人は、小柄で声も小さく、優しげな印象であることが特徴です。こうした特徴は、サディスティックな人の、加害欲求を掻き立てるのです。
 他者の苦痛を見ると、保護したいという本能を感じる人がいる一方で、報酬系を刺激され、快楽を覚える人もいます。こうした人たちは、罪悪感を持ちません。弱い相手が悪い、本当のことを言って何が悪い、といった論理を展開します。都合が悪くなると、空涙で被害者を演じて見せたりもすることでしょう。
 なめられやすい性格を直したいと、多くの人は考えることでしょう。ですが、温厚さや優しさは、本来美質です。成長が必要なのは、優しさを弱さと捉えて、支配欲やサディズムを満たそうとする加害者の方なのです。

Sponsored Link



そうした人には、周囲の人への感謝の念がありません。してもらって当たり前、出来栄えが気に入らないといって文句を言うばかり。人が傍にいてくれるありがたみを知りません。当然のことながら、人に去っていかれやすいものです。この人はどんな扱いをしても去っていかない、他に行き場所がないのだから、等と高をくくっていても、限界に達すると、人はどこにも行く当てがなくても去ることを決断するものです。
 なめる、なめられるの関係に陥りやすいのは、置かれた境遇が異なった相手であることが多いことでしょう。容易に解り合えない相手なのです。自分が正しいとする視点に立てば、相手は愚かしい存在になってしまいます。一緒にいたいなら、相手の個性や現状を、まるごと受け入れるしかありません。ほんとうに、一緒にいたいでしょうか?そりの合わない人と、無理して合わせようとしていると、互いに胸中で相手をなめ合う関係に陥ってしまいます。
 相手を受け入れられないときは、自分が笑顔でいられる距離を探しましょう。内心拒絶しながら、利用したいがために引き寄せるのは、卑怯というものです。お互いのためになりません。
 心からありがとうと言える、その感謝の意識なくして、良い関係性は築けません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する