Sponsored Link

コントロールしない関係

 パートナーが、友人が、同僚が、ちっとも自分の言うことを聞いてくれない、なぜ、指示通り動いてくれないのか。相手よりも、自分の考えの方が優っている、だから自分に従うのが当然なのに!
 こうした苛立ちを募らせると、人は往々にして、実力行使に出てしまいます。怒りを示して、相手に言うことを聞かせようとしてしまうのです。
なぜ、相手は従ってくれないのか? おそらくその人は、このように考えていることでしょう。「何様のつもり!いつも人をパシリに使って!」内心の反発が、無言の抵抗なのです。言葉に出して反撃しない人は、沈黙し、やがて離れていきます。
 自分の心は、他人には思いどおりに操れません。同様に、相手の心もこちらの思うようにはできないのです。
 言いくるめて、罪悪感を抱かせたり、同情心を誘うことで、相手の心を自分の都合の良いように操れると考えること自体が、無謀なのです。自他の限界を越えて、人を自由にしようとするとストレスが溜まります。相手もまた、それ以上のストレスを感じています。ですから、反発するか、離脱していくのです。

Sponsored Link



 人は、これまでの人生経験の中で培われた、自分なりの価値観や良識の中で生きています。それに従って、自分や他人の言動を判断しているのです。
 人それぞれ、生まれ育った環境も、今生きている社会も違うのですから、価値基準は当然異なっています。意見や主張がぶつかるのは、当然のことといえます。
 ところが、人は、ぶつかった時には、自分が正しいと考えます。譲歩を見せても、自分の正しさを容易に明け渡すことはできません。これまでの雑多な人生経験の中で、練り上げられ、熟成されてきた人生観ですから、これもまた当然なのです。
 「話せば解る」といいますが、話しても解り合えない場合も、少なくありません。自分の過去に、相手と似たような境遇や立場に立ったことがなければ、難しいのかもしれません。

 人は皆、たまたま、今、この場所に居合わせてはいるけれど、これまで全く別の人生を歩いてきたのです。その前提に立って、相手と自分の違いを理解することから始めましょうか。
 相手の考えを否定し、自分の「正しい」価値観を押し付けようとしても、相手にとって、加害者になりかねません。
 たとえば、連絡しない、すっぽかす、等の稚拙なソーシャルスキルを示す人にも、事情があることでしょう。おそらく、他に優先すべき事柄があるのでしょう。
 不利益を被りますから、非難したくなるのは当然です。絶縁したくなるかもしれません。
 相手もまた、同様に感じていることでしょう。多忙なのに、まめな連絡を強いられ、長々と事情を説明したり、謝罪したり、言い訳に追われるストレスを、なぜ、察してくれないのか、と言うのが相手の言い分です。
 自分の利害を「正しさ」で主張すると、相手も「正しさ」で防衛します。自分の利益を守ろうとして、正当性のもとに相手を責めるのは、簡単ですが、相手とこれからも付き合っていこうとする姿勢ではありません。辛抱強く、少しずつ相手を理解し、違いを受け入れ、自分もまた、受け入れてもらうよりほかに、信頼を築く道はありません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する