Sponsored Link

いい人をやめてみる

 「いい人」は、特にいい人だと思われることによって何らかの利益を得ようと、意図的に振舞っているわけではありません。生来まじめな性格であったり、素直で人を信じる優しい人なのでしょう。すると、ともすれば、自分の都合よりも人との約束を優先させたりして、苦しい生き方をしてしまいがちです。相手も優しい人だといいのですが、ずるい人の場合、そうした誠実さを利用され続けてしまうことになりかねません。
 相手が自分の個性を、柔和さや穏やかさを尊重してくれているのか、それともそこにつけ込んで利用しようとしているのか。大切にされているのか、見くびられているのか。相手を見極める必要があります。断れない人を狙っている、都合よくタダで使えると思っている人と、良い関係性を築こうとして努力しても、徒労に終わります。

Sponsored Link



ちゃんと断れば、利用しようと思ってる人達は離れて行ってくれます。ところが、ここで、いい人はまた悩んでしまいます。わたしの何がいけなくて、人間関係が続かなかったのかと。もっと相手の期待に応え続ければよかったのだろうかと。今まで、もう充分過ぎるほど、自分を犠牲にして相手に協力してきたのではありませんか?それなりのものを、ちゃんと返してもらえましたか?一方通行に終わったのではありませんか?
 どんな相手にも誠実に接している人は、いい人、どうでもいい人、都合のいい人、と思われてしまう可能性が高いのです。自分に不利益をもたらすだけの人には嫌われても構わないと開き直ることで、心理的に楽になれます。
 人間関係でトラブルが生じると、その事柄ばかりにとらわれ、悩み続けることになりがちです。その関係から離れて少し気持ちを休めることも、別の視点を得られるきっかけになります。
 孤独を恐れるあまり、不本意な人間関係に依存してしまうこともあるでしょう。ですが、独りの時間は、自分を見つめるきっかけにもなるのです。一人でいる時間をたいせつにし、有意義に過ごすことを心掛けたいものです。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する