Sponsored Link

自己中心に生きる人

 自分勝手な人に振り回されたり、傷つけられた経験のある人は、少なくないことでしょう。いったい、どうしてあんな態度が取れるのか、振り回される人は、困惑するばかりで理解に苦しみます。いったい、何を考えているのか.....。
 実は、何も考えていないことも多かったりします。ただ、その時々の自分の都合や感情に忠実なのです。相手に不利益を与えている、などという自覚がないことが多かったりします。
 悪気がないとはいえ、周囲の人たちが、傷つけられたり、振り回されることに変わりはありません。そうした身勝手な人には近づかない方がいいのですが、最初は解らず、親しくなってから気付く場合が多いものです。

 身勝手な人には、一定の特徴があります。 一見、陽気で、初対面からテンションが高く、人当たりがいい人が多いように思います。
 お世辞やホメ言葉で人を操ることも、手慣れています。口先三寸で生きているように見えます。ただ、相手の人となりを充分観察せず、上辺だけのお世辞が多いですから、調子のいい人だと見抜かれることも多いものです。
 したがって、その対人関係も長続きしない傾向があります。積極性やリーダーシップに惹かれて、常に周囲に人は集まりますが、愛想をつかして離れていく人もまた多いのです。

Sponsored Link



頼みごとが多いのも、顕著な特徴です。誰に対しても、色々な頼み事をします。相手の都合も考えずに、使わなければ損とばかりに、いろいろと用事を押し付けます。逆に、相手の頼みは、引き受けたがりません。
 相手のことを嫌っていても、その人を便利に利用しようとします。そりが合わないからといって、疎遠にしたりしません。広く浅く、表面的には誰に対してもフレンドリーに、がモットーであるかのようです。
 ただ、苦手な人とも一定の距離を保って、そつなく付き合っていこうと配慮するタイプの人とは違います。陰で非難していても、面と向かっては私用を押し付ける大胆さがあります。苦手な人とうまく付き合う方法を苦慮している人には、これはありません。
 
 自己中心に生きる人の、舌先三寸のホメ言葉は、もっぱら「まだ釣り上げていない魚」に向けられます。釣った魚に餌はやりません。一方的に利用するだけといった態度になります。度が過ぎて、相手に逃げられそうになると、即座に謝りますが、暫くすると元の木阿弥です。
「まだ釣り上げていない魚」たちも、餌に付いた釣り糸に気付く人もいることでしょう。表面的でわざとらしいので、わかる人にはわかってしまうのです。
 見え透いたお世辞や、テンション高く相手を褒めちぎるような人は、自分勝手な人である可能性が大きいといえます。真摯な人が、人をホメるときには、真実そう思っていることを口にするものです。相手に取り入るような態度はとりません。相手をよく見ようともしないで、相手に無関心でありながら、的外れなお世辞を言う人には、利用したいがために相手を引き寄せようとする下心があります。 他者は利用するために存在している、と考える勝手な人は、基本的に不誠実であり、相手を支配することによって自分の力を実感しようとします。相手は自分の下に位置していると考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する