Sponsored Link

誇大妄想のプロフィール

 誇大妄想傾向にある人は、 自分が他人よりも優れていると考えています。そのため、周囲の人が劣って見えます。そうした人たちが、自分の意見に従ったり、自分のために貢献するのは当然という感覚を持っています。自分の都合ばかり考え、周りの人たちがそれに配慮することを期待し、要求します。
 逆に、周囲への配慮ができません。なぜなら、周りにいる他者には、関心もなく、重要な存在だとは思えないからです。
 このタイプの人は、他人の権利を尊重しません。いつも上から目線で、他人を貶めます。それでいて、自分よりも劣った存在だと位置づけて、内心侮っている人を、上手く利用することばかり考えているのです。
 他者や物事が、自分の思うようにならないと、すぐに激怒します。職場においては、以前はそうではなかったものの、ある役職に着いてから、習得されて誇大自己になってしまう場合もあります。上に立つポジションを手に入れてしまうと、人を粗末に扱うことで非難されなくなることがあるからです。
 さらに、お世辞やきれいごとばかりをを言う人たちがまわりに集まると、それを本気にしてしまい、自らの言動を省みることができません。次第に、自分の行為が周囲に与える影響もわからなくなってしまいます。

Sponsored Link



成功者の病理といえなくもありませんが、その根底には、もろい自尊心が隠れています。周囲の名もなき人々を劣った存在と位置づける一方で、自分よりも地位や名声のある人々を、ただそれだけで優れた人材だと高く評価します。相手の人となりを視ようとはしません。人を判断する条件は、ともすればまとった外套のみになりがちです。
 こうした人は、批判に対して逆上で報いることもありがちです。そこで、多くの人は、賞賛しているふりをするといった対処法を選びがちです。この対処法は、一見うまくいくように見えますが、本人の自覚を促せないうえに、周囲もやがて疲弊します。第三者に相談すると、「離れるのが双方のため」という回答が返ることも少なくないことでしょう。 
 こうした人が友達や恋人だったら、相手が自分を傷つける存在なのだと認識することは辛いことです。ですが、自分がいつも与えるばかりで、相手は自分から当然のように受け取るばかりというのであれば、利用されているという事実は否めません。
 自分たちの関係が不健全で、自分は今幸せでないと気づいたら、相手から少しずつ離れるようにしましょう。相手が変わってくれるなら良い関係性になれる、とばかりに、良い関係性にしたくて問題を提示してみても、相手の逆鱗に触れて、さらに傷つけられる展開になる可能性もあります。
 むしろ、相手を必要としないこと、この人の傍にいては幸せになれないと自覚することによって、相手との力関係が、おのずと変わってくることもあるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する