Sponsored Link

アダルトチルドレンたち

 おそらく、完璧な家庭など、ないことでしょう。親といえども、それぞれの未熟性を抱え、それが子供たちに悪影響を及ぼすことも珍しくありません。
 常に親から批判され続け、認められたり、ほめられた体験が少ないと、自分を受け入れることができません。対人関係で何か問題が生じると、自分だから嫌われる、苛められる、他の人だったら仲良くやっていかれるはずと、根拠のない思い込みをしてしまいます。

Sponsored Link



親から、常に、内気だからいけない、内向的だから悪いと言われ続けていると、それが原因だと思ってしまいますので、相手の問題点に気付きにくく、出来事を客観視できなくなります。
 そこで、受け入れられる自分になろうと努力します。明るさや楽しさを装い、相手に迎合的に接することで、それは概ね成功することでしょう。
 暖かい人間関係を経験していないのですから、それは見せかけの明るさに他なりません。心理的な虐待の経験から、周囲の人に対しても不信感と警戒心を払拭できないのです。生身の感情を示したら受け入れない、常に明るく役に立つ存在でなければならないという思いから、ともすればオーバーワークにもなります。そして、何より自分自身を偽り続けるストレスに付きまとわれます。
 対人不安は、過去の辛いだけの対人関係に端を発しています。そのため、他者の思いや評価を過剰に気にすしてしまい、「嫌われるに違いない本当の自分」を出せません。頼まれごとを断れない、逆に自分は頼めないといった問題も生じます。
 親の呪縛から自分自身を解き放たない限り、救われません。親はなぜ、それほどまでに我が子を苦しめるのでしょうか。おそらく、親自身、自分を救出していないからなのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する