Sponsored Link

奪うコミュニケーション

 相手から何かを奪おうとすれば、その人は奪われないように身構えます。付き合うことでメリットのある相手を人は歓迎し、損失を受ける相手は避けようとします。金銭的な損失を受けたり、大事なものを奪おうとする相手を、人は嫌います。
 自分から何かを奪おうとしている人の話など、聞きたくありません。利益を得るために、もっともらしい正当な理由をつけて、説得にかかっているなと思われると、そこにはもう対等な関係がありません。
 相手から金銭や時間や動力、さらには相手の自尊心を奪おうとしていると、どういうコミュニケーションを駆使しようと、うまくいきません。うまく相手を丸め込めても、そのつけは思わぬところからやってくることもあるかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する