Sponsored Link

友人を必要としない人

 一見して明るく、テンションが高く、吸引力があり、周囲に人が集まることが多い人、そうした人に友人が多いとは限りません。顔も広く、交友関係も活発なのに、なぜか安定して長く付き合っている友人がいない、そうした人にはいくつかの特徴があります。その人自身が、知り合った人と友人になろうとしないのです。付き合いもそこそこ長く、相手が友人だと認識していても、自分の中では相手を「知人」程度にしか思っていません。友人を必要としない人ともいえます。
Sponsored Link


友人関係ばかりでなく、良い人間関係には、与えるものと受け取るものとのバランスが必要です。片方が、ずっと与えるばかりになり苦しんでいるにもかかわらず、もう片方が受け取ることに慣れきってしまい、それでよしとしているとその関係性は諍いを呼び寄せます。互いに相手を尊重し、相手がいてくれることへの感謝は欠かせません。相手の貢献は、当たり前ではないのです。
 相手への慈愛と尊敬と感謝を抱けない相手とは、そもそも友情は成り立ちません。ところが、「友人を必要としない人」は、そうした人にも自ら近づいていきます。自分にとって役立つ条件や要素を相手が持っているならば。それを自分のために役立てるために。常に、目的志向で生きている人と言えます。ですから、相手がどういう境遇を生き、どういう心境でいるかなど、全く関心を持ちません。傍にいて知っていても、理解を示そうとはしません。自分にしか、関心がないのです。ただ、自分の日常のあれやこれやを、肩代わりしてやってほしいという欲求に、その人たちは忠実なのです。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する