Sponsored Link

あなたを裏切る人

 目の前にいない友人知人を貶したり、あざ笑ったり見下したりしている人は、陰ではあなたのことも同様に言っていることでしょう。面と向かって、見え透いたお世辞を言ってくれているからといって、安心してはいけません。自分は大丈夫、相手の役に立っているから、愛されているから、等と油断していても、状況は変わります。
 つきあっても大丈夫かどうかを判断する基準は、個別の愛着ではありません。その人に、他者、他の生命に対する慈愛の心があるかどうかです。
 他人を自分の手足のように顎で使う人は、あなたのことも親しくなればそうすることでしょう。図々しい人は、他人が自分のために何かしてくれても当然だと考え、親しくなればなるほど厚かましい要求をしてくるようになりがちです。
 動物を見れば、自分が食べるために与えられていると考える人は、他者に対しても、自分のために働いてくれる存在くらいに思っています。相手の持っている条件の何が、自分にどう役立つか、それが人間関係の基準になっているといえます。

Sponsored Link


少し親しくなると、突然、相手の事情や迷惑を省みず、身勝手な図々しい頼みごとや要求をあれこれ突きつけてくるようになります。しかも、してもらったことに感謝しません。お礼もしません。もらいっぱなしです。相手は、次第にストレスが募ります。
 一度引き受けると、甘く見られ、どんどん要求はエスカレートすることになりますので、最初から境界線をはっきりさせておく必要があります。最初は引き受けていたものの、だんだん要求が増えるにつれ、たまりかねて断ると、非難されたり、泣き落とし作戦を受けることもあるでしょう。そうした小手先のコントロールで、相手を自由に操れると高をくくっています。
 こうした人は、相手の立場に立てません。道徳的な言葉を口にしながら、道徳観念が欠けています。相手の痛みを想像する能力、愛する能力が欠けているのです。
 普段の何気ない対話で、この人は慈愛や同情心のない人だなぁと感じる人は、いずれ利用価値がなくなった時、あなたに対しても同様の態度を取ることでしょう。お世辞を並べて都合よくこき使った相手を、必要がなくなったからといって、大した仕事もしてもらってないしと冷たく切り捨てた様子を、忘れてはいけません。ある日、人が変わったようになったと嘆かないために。
 その人の今の調子の良いことばに踊らされて、自分は相手にとって必要不可欠な人間なのだと勘違いしないことです。必要には違いないかもしれませんが、それは道具として必要なだけなのかもしれません。
スポンサーサイト
カテゴリ: 共依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する