Sponsored Link

言いたいことが言えない

 あの時、ちゃんと言っておけば良かった。と、後になって悔しい思いをした経験は、誰にも一度くらい覚えがあることでしょう。これが、習慣になってしまうと、人間関係が苦しくなります。
 雑談は平気だけれど、肝心なことが言えない、ことばを飲み込んで、我慢してしまう。こうした人は、何でも平気に口にする人から見ると、じれったく見え、その結果、なめられてしまうことになりがちです。
 なぜ、言いたいことが言えないのでしょう? 相手の関心を買いたいから、仲間に入れてほしいから、あえて迎合的に接する「戦略的な封印」を別にして、我慢を続けると、精神的な負荷が次第に募っていきます。そして、その人間関係そのものに腹を立て始めます。
 我慢には、期限があるのです。それに達すると、退職、絶交などの決別を考えるようになります。言いたいことを言えないままに、憤懣を胸に秘めたまま、絶交、退職すると、その相手はその時の姿のままいつまでも胸中に留まり、PTSDのように後々の人生を支配しかねません。
 いつまでも相手に対する怒りが留まり、相手を許し難く思うのも、言いたいことを言えなかったからではないでしょうか。相手の攻撃に対して、ちゃんとお返しをしなかったからではないでしょうか。一方的に攻撃を受け、相手を許しなさい、心の平安のためにといわれても、それはあまりに理不尽というものです。

Sponsored Link


雑談は平気だけれど、人懐っこく陽気だけれど、肝心なところで自己主張できない。これはアクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態かもしれません。
 こうした人は、心の奥底に根源的な人間不信があり、自分自身も孤独に弱く、周囲を平穏に保つことで、生き延びようとしているところがあります。そのために、対立を避けようとする生き方が習慣化しています。
 一方、言いたいことを言える人は人はどうでしょう。感情は、溜めこまず、その場その場で出しています。これができると、楽になります。
 言いたいことが言えない人は、成長期に養育者から、負の感情を見せてはいけない、きれいごとで対応しろと学んできたのかもしれません。孤立を免れるために、迎合する術を身に着けてきたのかもしれません。その努力によって、集団の一員となることに成功しました。成功体験は強化され、同じ方法を繰り返し用いることになります。
 その気使いで、多くの対人関係は概ねうまくいきますが、問題は一筋縄では行かない一握りの人たちです。あなたの気遣いの上にあぐらをかき、なめてかかる人たちです。
 そうした人たちは、あなたの内面に眠る力を引き出してくれる人たちかもしれません。周囲との平穏に依存せず、信念を持って自律する自分へ、沈黙から雄弁へと変化を遂げるときが、来ているのかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する