Sponsored Link

断る勇気

 「頼りにしてるから」などと言われたら、誰しも、悪い気はしませんね。自分の価値が認められたような気がして、うれしいものです。
 ところが、うまく人をおだてて、雑用にこき使う上司や同僚も、少なくありません。垂れ流すばかりで、責任を負わない「ことば」に、踊らされてはいけません。安易に引き受けてばかりいると、いつの間にか、雑用係扱いになってしまいます。
 誰にとっても負担の大きい雑用は、減らしていく方向で検討しなければいけないのに、引き受けてくれる誰かがいると、その人にどんどん押し付ける「丸投げ」状態になりかねません。押し付けられた人がダウンすると、別な誰かにその役割が回ってきます。雑用に追われるだけで終わってしまっては、せっかくの能力も見せ場がありません。人は得意分野で能力を発揮してこそ、生き生きと輝くのです。

Sponsored Link


断る断らないの判断を、人は瞬時に下します。断れなかったその背景には、相手との関係性を良好に保ちたいという思惑が大きかったことでしょう。断ったら、関係が悪化するのではないかという恐れです。
 ですが、頻繁に人に頼みごとをする人は、ダメもとで頼んでいるケースが多いものです。断ったところで、さほど傷つきません。替わりにやってくれる誰かを探すまでのことです。
 断り切れずに、嫌な雑用をいやいややっていると、断っている他の誰かが、我がままに見えてこないとも限りません。わたしはこんなに我慢してきたのに、そんなことを言うのかという心境です。
 断ることには、引き受ける以上に、心理的エネルギーが必要です。引き受ける方が、その瞬間は、精神的に楽かもしれません。ですが、次第に、そうした自分自身に対して、評価が下がってしまいかねません。
 理不尽な要求を受け入れて、相手が満足したとしても、自分自身は不幸です。自分を不幸にしないためには、嫌われるリスクも引き受ける必要があるといえそうです。
 また、反対意見を口にすれば居づらくなるというのは、先入観に他なりません。芯のある人と評価されて、頼もしく感じる人もいることでしょう。
 どう評価されるかは相手次第、相手の評価をコントロールしようとして、自分をいじめるのはやめましょう。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する