Sponsored Link

要求ばかりする人

 面倒くさい雑用を、人に押し付けるばかりの人。こうした人たちは、引き受けてもらえそうなときは、見え透いたお世辞や感謝を述べるけれど、そこに本意や誠意は感じられません。調子のいい人といった印象でしょう。最初は些細なことだからと引き受けていると、だんだんやってもらって当然と考える様になり、要求が激しくなり、態度も横柄になっていきます。いつの間にか、上下関係のようになりかねません。
 頼まれて何かをしてあげても、不足は言うけれど、なんにもお返しがないとがわかりきってる人とは、距離を置く方が得策です。自分の時間や動力を使わずに、人を動かして解決しようとしている人は、断ってもすぐに他にやってくれそうな人を見つけます。また、そうした人は、往々にして、こちらがうんざりしている事にも気付いていないものです。

Sponsored Link



暇そうだから用事をあげているんだ、感謝されるべし、などと考えていないともかぎりません。相手が支払う時間や金銭に感謝できない人に、貴重な自分の時間を浪費しないようにしましょう。 
人間関係は、ギブアンドテイクでなりたっています。見返りを求めない無償の愛が美しいなどといわれますが、それは行きずりのちょっとした親切に限られます。長期的な関係の中で、どちらかが与える一方、もう片方が求める一方では、いずれ、どれほど忍耐強い人も限界になることでしょう。
 要求ばかりする人は、その一方で、ありがたくない安物のプレゼントを贈っては、周囲にいつまでも吹聴していることも多いものです。ほんの小さな親切をいつまでも周囲に宣伝し続け、こちらには矢継ぎ早に要求を出してきます。これでは、全くフィフティフィフティになりません。
 相手のために、自分のできることをしてあげたいという慈愛の心が、そこにはありません。してやっている自分の有能感に酔っている、ともいえそうです。人を顎で使って仕切り、周囲の人たちの上に君臨したがるのも、有能感を感じたいが故かもしれません。
 お互いが、相手の喜ぶ顔を見たいと思う時、そこに心が通うのです。付き合いが長くなると、相手に対する関心が失せ、当たり前のように、自分のために使える便利な道具とみなしてしまう危険性を帯びてくるのかもしれません。
 ですが、人間関係に当たり前のものなど、何一つありません。当たり前だと安堵してあぐらをかいたその時、相手の心は別離へと動いているものです。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する