Sponsored Link

ネガティブな関係

 人間関係は、喜びを与えてくれる一方で、憂鬱や悩みの種になることもあります。疲れた時には、少し時間を空けてみると、その関係性が客観的に見えてきます。下記のように感じる人はいませんか?たまにはゆっくり立ち止まって、忙殺されていたころには見えなかった部分も、見なおしてみましょう。
Sponsored Link



・相手の存在が負担、重たいと苛立ってしまう。
・相手の言動にイラッとすることが多い。
・相手の嫌なところばかり目に付いてしまう。
・一緒にいると自分らしく振る舞えない。
・相手を怖いと感じる。避けたいと思う。
・生理的に嫌悪感を感じる瞬間がある。相手がべたべたしてきたときに、鳥肌だつ。
・本音を言いにくい。相手の前では、相手路線の自分を演じている。そのため、非常に疲れる。
 人は、様々な理由から、自分の本心や感情に蓋をして、自覚できないでいることもあります。上記の特徴は、無自覚なあなたに代わって、あなたの感性が苦痛を訴えているのです。避けることのできない関係性だからと、自分をごまかしてうまくやっていこうとしていると、鬱状態に陥りかねません。心の声に耳を傾けてみましょう。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する