Sponsored Link

舌先三寸

 悪意を持って、相手を痛めつけようとする人物ばかりが、有害なのではありません。口のうまさは詐欺師並み、誠意のなさはペテン師並み、舌先三寸で世の中を渡っている人は、あなたを翻弄することでしょう。空約束を繰り返し、心にもないお世辞を連発し、自分がした約束も翌日には忘れているかもしれません。
 しかも、この手の詐欺を見破るのは難しいものです。詐欺師本人が、詐欺をしている自覚がない場合がほとんどだからです。
 舌先三寸な人のプロファイルには、次のような特徴があります。

Sponsored Link

※ 友達に連絡するのは、相手の助けが必要になった時だけ。
※ 面倒な仕事を他人に押し付けるのがうまい。友人の能力や人脈はフルに利用する。
※ 顔が広い。人脈作りがうまい。
※ 口先三寸で相手をおだてる。心にもないお世辞を言う。よく知りもしないで、とりあえずお世辞を言うので、相手は、心がこもっていない印象を受ける。場合によっては、話のつじつまが合わない時もある。
※ 学生時代の同級生を友達と呼ぶが、永らく連絡を取っている様子もない。
※ 約束や時間にルーズ。
※ きれいごとを平気で言う。
※ 自分のことしか考えられない。相手の立場や事情を考えない。
※ その場しのぎが得意
※ 人の中身を見ようとしない。 経済力、学歴、職種などで人を差別する。
※ 話す言葉に重みがない。 他者の苦労を軽く考えがち。 

 不誠実な相手と、必要以上に親しく付き合うと、精神衛生上好ましくありません。次第にうつ状態にもなりかねません。
 あなたが勇気を出して不満を口にしても、反省を引き出すことは難しいでしょう。これからは心を入れ替えると謝罪しても、それもまた舌先三寸。長くは続きません。喉元過ぎれば、元の木阿弥です。口先三寸のこの人にとって、素早い謝罪はマニュアル通りのようです。
 本意は言葉ではなく、態度の中に現れます。口先三寸の謝罪や近いなど、気休めにもなりません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する