Sponsored Link

演技性パーソナリティ

 演技性パーソナリティの人は、人の注目を引く華やかさを持っています。生き生きとしてテンションも高いので、友人はすぐにできますが、ともすれば表面的で一時的な関係に終わりがちです。初対面の相手を惹きつける魅力には溢れているのですが、付き合いが長くなるにつれ、浅薄で内面的な深みがないことに、相手が疲れてしまうのかもしれません。
 また、他人に対して無関心で、相手を尊敬できないところも、人が離れていく原因になりがちです。外交的で一緒にいて楽しい人ですが、互いに理解し、受け入れることで深まっていく寛いだ関係が、この人と居ると築けません。こちらが本音を吐露しても、返ってくるのが在り来たりな社交辞令的な返答だったり(まだ、自分に対して心を開いていない、と相手は感じます。)そうかと思えば、第三者を見下すような本音を突然口にしたり、と周囲を戸惑わせることも多いでしょう。自己中心的で、他人をコントロールするために見え透いたお世辞を連発したりと、強固な個性に見えますが、意外と、周囲や他人からの影響を受けやすいのも特徴です。

Sponsored Link

他にも、演技性パーソナリティには、次のような性格的特徴があります。
※ 自己中心的で、気まぐれで、わがままで、子供っぽい。
※ 他人をコントロールしたがり、支配的。
※ 他人を見下す。
※ 他人の表面しか見ない。
 じっとしていられず、過度の社交性を発揮して、常に多くの人と交流しているにもかかわらず、特定の誰かと深い交流を築くことは、滅多にありません。相手を見ない、相手に寄り添わない、自分の都合で人を振り回すことが最大の理由でしょう。この人には友人とは考えられていない、利用価値だけで量られ、しかも尊重もされないと、相手は思います。
 支配的ですが、便利に動かせると見込んだ相手には、自他の境界を越えて、非常に依存的になりますので、相手には重荷になりすぎ、持て余してしまいます。
 この人が支配的に振る舞うのは、そうすることで自己有能感を確認しているのです。有能だと思われたい、そうすることで、愛されたいという欲動がその根底にあるのかもしれません。
スポンサーサイト
カテゴリ: 発達障害の周辺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する