Sponsored Link

職場ハラスメント

 いじめは、いつ始まったのか被害者本人にも分かりにくく、気付いたときにはすでに手遅れになっているケースも多いものです。1対1のいじめが、1対多数のいじめに発展すると、被害者個人の頑張りでは解決できない厄介なものになります。
 いわれのない中傷が本人不在のまま真実とされ、その個人を排除しようとするありとあらゆる手段が、一丸となって、あるいは一部の関わりたくない同僚の黙認の中で行われます。自分の椅子が危ういのではないかという不安を抱いた同僚が上司に中傷を密告し、上司はその個人を追放さえすれば、仕事の能率が上がると本気で信じていたりします。加害者にとって、自己防衛の必然悪かもしれませんが、たった1人で集団にいじめられる被害者の心理的ダメージは深刻です。

Sponsored Link

いじめが生じやすい組織は、経営者が過剰なコントロール型の場合が多いものです。リーダーシップの乱用が、被害者を生む構図になっています。しかも、加害者やそれに追随する集団には、加害者意識が希薄です。諸悪の根源は被害者だと、本気で信じているところがあります。
 いじめの芽は、早期に摘み取る必要があります。最初の一撃が自分のコートに打ち込まれたとき、素早く、相手が打ち返せない位置に返すことが最大の防御といえます。目には目を。暴言には暴言を。
 ただし、それができる人は、初めからターゲットとして選ばれていません。ターゲットは、早く職場に馴染もう、みんなと打ち解けようと、スマイルと従順を手段として選んでいる人なのです。そのスタイルが、加害者の苛立ちを誘ったり、すぐに支配できるちょろい奴とみなされる結果を招いているのかもしれません。
 ひとつしか手段を持たない被害者は、なぜ自分の努力が報われないのか解りません。ですから、さらにさらに努力します。スマイルと従順さをもって。相手に認めてもらうために。そして、ますます報われません。ついに離職を決断したり、ここまでの仕打ちをした加害者に強い憎しみを抱くようになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する