Sponsored Link

他人に命令し、支配したがる人

 わたしたちは、自らの意志ではない行動を強いられるとき、強くストレスを自覚します。他者から、矢継ぎ早に命令されて、相手の用事を引き受ける場合、そこには自由も選択肢もありません。閉塞感と不満が、溜まっていくばかりです。自尊心が痛みを放っていることに、気付きます。まるで、指図する知人が上司で、自分は召使に落とされた気分にもなります。
 以前は、こうじゃなかった。もっと、かわいい人だった。最近、どうしちゃったんだろう?などと考えても、差配好きな人の心理など、さっぱり解りません。自分がされて嫌なことは、他人にもしないし、できない。自分は、そうなのだから。

Sponsored Link

指図される人が、自尊心の痛みを覚えているその時、指図する人は、指示通りに他者が動くことに快感を感じているかもしれません。自分の言葉に、相手が従う、その相手の行動が、自らの優越感を高め、自尊心をくすぐるのです。
 その快感を得るために、次第に頻繁に、解りきったことまで、命令せずにはいられなくなってしまう人もいるかもしれません。そうすることで、相手の優位にあると自覚し、周囲にも知らしめ、劣等感の回避を図っているとも考えられます。素の自分を隠ぺいする傾向が強ければ強いほど、虚勢への依存は強まるといえるのかもしれません。

 指図したがる人の心理が解らない人は、人付き合いの上で、逆の戦略を取ることが多いことでしょう。相手をホメ、自分は謙遜して見せる、「従属の効果」です。自尊心が満たされた相手は、心を開いてくれます。
 とはいえ、ホメられた側の人も、お世辞と解っていてもうれしいという認識です。相手の謙遜には、気付いています。そこで、いえいえ、あなたこそと、相手をホメ返すことを忘れません。このホメ返しで得られる満足こそ、「従属の効果」の心理効果なのです。
 ただ、すべての対人関係で、うまくいくわけではありません。相手がホメられて気をよくするところまではよくとも、その後、こちらの謙遜を真に受けてしまう人もいることでしょう。
 こうなると、周囲からの評価に自分で傷を付けてしまうことになりかねません。相手に上に立たれてしまった感覚で、気分も悪くなり、辛い思いをすることになります。
 すると、相手に悪感情が湧いてきます。常にイライラして、誰かに八つ当たりしたい心境にもなります。
 命令したがる人は、この屈辱感を回避しようと、攻撃で防御しているともいえそうです。自分の内面が満たされている人は、過剰に他者を差配して、優位さを見せつけようとはしないことでしょう。むしろ、周囲の人たちを和ませ、楽しませようとすることでしょう。
 支配的な人は、一見自信家のように見えたとしても、ギシギシと軋むハンドルのように余裕がありません。寛いだ笑いもありません。
 傍にいて、そうした人の締め付けで苦しんでいるときには、見えないかもしれません。離れて客観的に全体像を見た時に、命令好きな人の実態が見えてくるのかもしれません。
 もしあなたが、誰かに指図されて、強い不快感や自尊心の痛みを感じているならば、自分はもっとたいせつにされていい存在だという心からの叫びと言えそうです。あなたを格下に扱おうとするその相手に、もっと尊重して!価値を認めて!と要求を出したくなることでしょう。
 あなたが、相手の支配から抜け出して余裕を持った時、その人が、それができない人だと気付くかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する