Sponsored Link

都合よくこき使われる人

「素直な人、従順な人、協調的な人。」
相手からこのように評価されるとき、その人は、その場所、そのシーンでは、建前で生きているともいえます。皆がやっているから、約束だから、と私たちは、義務感で自分を縛り、本音とは裏腹な言動を取ることも多いものです。
 約束を破ったり、逃げだしたりサボったりして、したくないことをしないで済むなら、それに越したことはありません。その後に待ち受けるものが怖いのです。相手の好意を失う、仲間はずれになる、孤立する。こうした脅威の前に、わたしたちは自分を戒めています。自分も建て前的であるように、相手もまた建て前的ですから、必然的に、付き合いの浅い相手とは、建前の付き合いになります。少しずつ、頃合いを図りながら、自分を出していき、双方自然に振舞えるようになると楽になれるでしょう。人間関係の諸問題は、そうした状態でない場合に起きていることも多いでしょう。

Sponsored Link

 「素直な人、従順な人、協調的な人。」を建前の状態にいるとはみなさず、生来の気質だと受け止め、それを弱さや内面の希薄さと考え、侵入しても大丈夫だと考える人もいます。すると、自他の境界を取っ払って、どんどん相手に侵入することになります。
 建前の人は、遠慮しているうちに、どんどん相手の雑用を押し付けられ、それでも相手の好意が欲しいから、笑顔をひきつらせながら従っているうちに、どんどんネガティブになっていきます。そうするうちに、「この人は、こんなにまで犠牲を払って付き合うに値するだろうか?」と考えるようになります。絶交は、もう目前です。ケンカなどして、みっともない姿を周囲に見せたくないと考える人は、黙って去っていきます。

 建前状態の人を中身のない人とみなして平気で侵入する人は、本音で居られる恵まれた状態の人と言えます。また、相手の気遣いや心理に思い至れない、表面的な人と言えるでしょう。したがって、気遣いの人にどんどん自分の勝手を押し付けながら、相手を格下に見ているので感謝もできません。
 
 面識の浅い相手や、意中の人に対して、人は誰しも気遣いの人になりがちです。相手もそうとわきまえて、同等の気遣いを返してくれるといいのですが、上記のような人だった場合、その付き合いは当初、不幸なものになりかねません。
 ですが、人間関係は、常に変化していきます。好きな人を幸せにしたい、幸せを感じてもらいたいと、初めは何でも相手に譲り、合わせていた人も、次第に相手に対して意見したり、ダメ出しもしたりと、影響力を与えていくようになります。しっかりと自分の意見を言ったり、違うものは違うと言えるのは、当事者の性格もさることながら、双方の関係性の段階に因るところが大きいものです。
 片方がもう片方を都合よくこき使い、使われる側が嫌気がさすという関係性は、前者が気遣いの段階、後者が本音の状態にいるときに起きやすくなります。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する