Sponsored Link

ハラスメントの構図

 職場では、上司というパワーで武装して、人使いの荒い人は、自らの態度を正当化しがちです。職場以外だけではありません。親族や何らかの集会でも、口うるさい人は、どこにでもいることでしょう。
 そうした人たちは、そもそも、なぜ、指図したり命令して、他者を嫌な気分にさせるのでしょうか?そうする事で、相手を思い通りに動かし、自己有能感を感じたいからに他なりません。場を取り仕切るのは、自分の役割だと考える傾向が、顕著だといえます。
 わたしたちは、それぞれの経験に基づいて、自分の分別と配慮で、自分の行動を決めたいと考えるものです。人から、あれしろこれしろと命じられるのは、面白くありません。まして、それが、矢継ぎ早であったり、してあげても当然という態度を取られ、申し訳ないといった謙虚な様子が微塵もないのでは、腹立たしくもなります。

Sponsored Link

人は、自分の行動を自分で決めることを望み、誰かに指図されることを嫌うものです。人の顔を見るたび、当然のように指図口調で頼みごとを持ってくる人には、ストレスも溜まります。
 人使いの荒い人も、誰に対しても、そうした態度を取っているわけではありません。配慮や遠慮のいらない人という認識をされていると考えられます。相手に取って、敷居の低い人となっているのかもしれません。
 誰しも、家族などの親しい相手には遠慮がありません。無理な頼み事も、平気でします。相手も、イヤなことは平気で断ってきます。そこで、頻繁に衝突も起きます。
 ハラスメントとしてこじれるときは、相手には遠慮がなく、こちらは遠慮してそうした相手に我慢を続けている形になっています。我慢強い人は、我慢の閾値が高いのです。そうでない人が、根を上げるような状況でも、些細なこと、と受け止めます。その些細なことが積もり積もっても、まだ耐えようとします。そして、その重みに潰れたら最後、もう立ちあがれません。
 
 相手から、「言いやすい人」と認識されて、攻撃されたり、配慮のない言動に翻弄されるような場合には、ちょっと距離を開けることが必要な時かもしれません。我慢することで何が得られるのか、そうする価値があるのか、メリットとデメリットを天秤にかけて考える余裕が必要なのです。
 これから「人使いの荒い人」に会うというとき、わけもなくイライラしたり、涙ぐんだり、腹立たしくなったり、といった感情の乱れがある場合は、もっと私をたいせつにしてと、心が叫んでいます。
あなたをたいせつにするのは、その人使いの荒い人ではなく、あなた自身です。
 相手の期待に、応えすぎないようにしましょう。応えすぎてしまうのは、相手に対する期待があるからです。こんなに一生懸命がんばっているのだから、たいせつな存在と思われていいはず。そうした期待は、人に我慢を強い、相手を近づけます。近くなりたいとあなたが望む形にではなく。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する