Sponsored Link

過剰同調性からの回復

 自分がやりたくないことを、相手に懇願されて渋々引き受けてしまう。こうした展開が繰り返されると、自分としては、大きな犠牲を払っている心境になります。
 にもかかわらず、相手は引き受けてくれたのだからOKなのだと、軽く受け止めています。無理だといわれたので、そこを何とかともうひと押しすれば引き受けてくれた、良かった!!と素直に喜んでいます。苦しいのは、自分だけなのです。
 相手の犠牲に気付けないのは、自分が犠牲を払わないからに他なりません。できることはするけれど、無理なことは、冷たいと思われようと、あっさり断る、そう言う人は相手もそうだと考えます。
 一方で、頼まれたことは受けなければいけないと、義務的に受け止めてしまう人もいます。いじめや孤立などの辛い環境で育った人は、周りの人に好まれることによって危険を回避したいと、無意識のうちに考える傾向が強いのです。

Sponsored Link

そして、無理をして相手のためにと思って頑張り、やがて心身共にボロボロに疲れ切ってしまいます。決して無理をしてはいけないのです。たとえ、拝み倒されたとしても。人の役に立つのはいいことかもしれませんが、それほどまでに相手に尽くしたとしても、こちらが困った時に面倒を見てくれるわけではありません。
 無理を重ねるのは、「こちらが困った時に面倒を見てくれるわけではない」という事実に、まだ気付いていないからかもしれません。万一の時には支えてほしい、そうした欲求を相手に対して抱いているのかもしれません。それだけに、いざ、その時に何もしてもらえないと、裏切られた心境になります。そして、目が覚めるのです。
 相手に対して愛情がある場合は、自分の貢献が相手を満たし、その笑顔を見ることで満たされます。その場で、お返しを受け取っているのです。だからこそ、共に過ごす時間が楽しいのです。
 不本意なことには、それがありません。ですから、未来に、自分の役に立つという見返りなくしてはできないのです。我慢するのをやめるということは、相手に期待するのをやめることに他なりません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する