Sponsored Link

テイク&テイクの人

 人間関係は、ギブ&テイクで成り立っていますが、中には、一方的に他者を利用するだけの人もいます。そうした人の特徴は、一見、華やかで人当たりのいい人が多いかもしれません。お世辞が上手で、ちょっとした気配りもできる人ですので、周囲に人が集まる傾向があります。
 ただ、注意していると、一度聞いた相手の情報をすぐに忘れて、二度尋ねたり、褒めたり気遣ったりしている割に、相手への関心のなさが伺えます。マニュアルどおりの対応なのだと解ります。

 その華やかさや、活発さや、押しの強さに魅力を感じて集まってくる人も、付き合いが長くなるにつれ、離れていくことも多いものです。相手の都合も考えず、自分の利益のために、相手を利用しようとするので、愛想尽かしをされるのです。知り合いは多いですが、友人は少ないかもしれません。もっとも、本人の認識では「友人=利用価値のある人」なのかもしれません。

Sponsored Link

用のあるときだけ電話を掛け、引き受けてくれた人には、段々と指示や命令といった横柄な態度を取るようになっていきます。しかも、利用した人に対して、心から感謝することはありません。相手が断ると、責めて罪悪感に訴えたり、泣き言で同情を買おうとします。
 人が自分のために尽くしてくれるのは当たり前だと、信じているようです。なぜなら、自分は特別な存在だから、周囲が自分の願望のために力を尽くすのは、当たり前だと思っている節があります。
 利用している相手を、こんなふうに利用するしか使い道のない人だと見下しています。相手の置かれている立場や、状況などに関心はありません。ですから、命令されて使われる相手の苦痛に共感できないのも当然です。この人にとって、相手は人格と人生を持つ他者ではなく、自分の用のためにいつも控えているロボットのような存在なのですから。
 ギブ&テイク、相互扶助といったフラットな関係には、全く興味がありません。自分以外の人間は、自分の欲求を満たすためだけに存在している、と考えているかのように見えます。
 「私がどれほどあなたを手荒く扱っても、全力で私に仕えて。」という専制君主のような願望がそこにあります。それほどに強力な依存心には、相手におもねるような弱々しさはありません。王のように、相手が自分の奴隷として動くことを要求します。幼児的依存心は、支配という形を取るのです。相手には、相手の自由があるということが、なかなか受け入れられません。相手の欠点ばかりを数えて見下しながら、相手の保護者にでもなったつもりでいます。
 思い通りに動いてくれない相手は、「困った人、自分勝手な人」なのです。自分の依存心が強すぎて、相手に対する要求が多すぎて、相手がギブアップしているとは決して考えません。
 強い依存心からくる支配欲求には、限度がありません。従えば、応じれば、さらにさらにエスカレートしていきます。その根底にあるのは、「自分は、何をしても許される特別な存在でいたい」という願望かもしれません。
 周囲に、その望みに応えられる人がいなければ、空想の中で、アイドルから愛されて守られている自分を夢想します。なぜ、それほどに愛されたいのでしょう。居もしない人に愛されねばならないほどに。
 自分の用が自分でできれば、奴隷を持つ必要などありません。支配願望の強い人は言います。「人一人にできることは限られているので、他人の力をかりなければ」と。
 必要な時が来れば、必要なことは身に付きます。これまで未経験なことも、必要とあれば夢中で取り組むことでしょう。それを人任せにして丸投げしていては、いつまでも隠された能力は開花できません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する