Sponsored Link

報われない関係

 「ちょっと手伝って」と、ちょっとした頼まれごと、まじめな人は、条件反射的に応じてしまいます。「自分でやったら」などとは、口が裂けても言いません。家族などの親しい相手を別にして。
 すると、ついつい、色々な人から、ちょっとちょっとの頼まれ事が多くなります。頼りになるといえば聞こえはいいですが、負担や重荷がどんどん増えていく事になります。
 その結果、「まるで雑用係。なぜ、自分だけが?」と、悩むことになります。他人を優先してしまうのは、相手の期待に応えておけば、友好を深められる、万一、こちらが困った時、力になってもらえる、そうした思惑が無意識下には存在しています。
 ところが、いざ、困ったことが生じた時、相手は自分の利益を優先して、力になってくれません。何度電話しても出ない、などという露骨な態度を示されることもあるでしょう。そこで、やっと、一方的に利用される関係だったと気付きます。その相手との関わりに、ストレスを感じるようになることでしょう。
 相手にとって、役に立つ人、喜ばれるいい人、けれども、脇に置いてしまった自分自身にとって、けっして優しい人ではありません。関係が悪化すると、相手が自分を粗末に扱っていると考えやすいものですが、実は、自分も同罪かもしれません。
  自分を脇に置く人は、常に、こんな発言をすれば相手はどう感じるだろうかと気遣っています。そのため、一向に本音が出せません。そして、その気遣い、優しさが報われません。

Sponsored Link

中には、愛は見返りを求めないもの、見返りを求めず他者に奉仕するのが素晴らしいことという固定観念に縛られている人もいるかもしれません。ですが、そうした間柄になるまでには、長い時間が必要です。まだ友人未満の相手に対して、友人であってさえも、そう簡単にできることではありません。
 愛とは、相手をかけがえのない存在だと思う気持ちです。相手のために、無理をしたり我慢を続けて、相手の要求に応じることではありません。そして、一方的にささげるばかりで、見返りを期待しないことでもありません。与えたら、与え返されたいと思うのは、当然なのです。
 それはまた、自然な感情なので、求められたからといって与えられるものでもありません。付き合い始めたばかりの相手に対しては、期待や憧れは多いものの、愛と呼べる領域は乏しいのが普通です。
 愛は惜しみなく与えるものだといって、惜しみなく貪ろうとする相手には、相手がくれるものと同質のものを返したいものです。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する