Sponsored Link

支配したがる人

 人が集まると、どうしても支配されやすい人がいます。自分の意見を持っていても、出しゃばらず、相手の意見に耳を傾ける人が狙われやすいでしょうか。
 相手の意見を辛抱強く傾聴できる人は、誰に対しても感じのいい対応ができる人です。その人自身、そうすることが対人関係を良好に保つ秘訣だと信じて、日々努力と忍耐を続けていることでしょう。
 そうした態度は、この人なら頼みごとをしてもやってくれそうだという期待を、周囲の人に抱かせてしまいます。そして、期待通り快く引き受けてもらえると、また次の折に、あの人ならと期待します。
 相手の時間や動力を奪っていることに対して、誰しも多少の罪悪感を抱き、同時に感謝もすることでしょう。それは、相手に対するお礼や、今度は相手の役に立とうとする姿勢に現れます。
 ところが、中には、慣れてしまって、そうした配慮がマヒしてしまう人もいます。やってもらって当たり前、何のお返しもしないばかりか、思い通りに動いてくれる人を軽んじてしまうこともあります。

Sponsored Link

やがて、相手がうんざりして、断り始めると、意のままにならない苛立ちと怒りを向け始めます。
 支配したがる人は、人当たりのいい人の静かな努力には気付かず、生まれつき優しい人、= 拒まれることのない人と捉えがちなのです。断られない理由に、相手の弱さや暇だからといった解釈をしていると、相手がつまらない人に見え、相手の事情を考えるような思いやりもなくなり、ただ、利用したいだけ利用し、断られると憤慨したりなどします。一方的に甘えられると期待していた相手から肩透かしを食らうと、裏切られたような心境になるのでしょう。
 いつもサービスされる側にいると、バランス感覚がなくなってしまうのでしょうか。相手のコストを考慮せずに頼み事を繰り返します。そのあとのお礼にも、心がこもっていません。マニュアル通りのお礼の言葉だけで、相手の動力に報いようなどとは微塵も考えてはいません。やってもらって当たり前なのです。
 見限られて言うことを聞いてくれなくなった相手には、泣き落としや脅しを繰り返しますが、すでに愛想をつかされた相手には通用しません。ですが、支配したかる人はくじけません。次なる依存対象を探し、たいていの場合、すぐに見つかります。虫を集める光のような華を、この人たちは持っていることが多いのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する