Sponsored Link

自分しか眼中にない人

 自分のことしか眼中にない人は、他者と絆を築きたいという欲求を持っていないかのようです。相手に関心を持ち、相手を受け入れ、自分もまた受け入れられたいという願望が無いかのように見えます。
 そうした人が、他者と関わろうとする理由は、相手の利用価値でしょうか。相手がどういう特技や能力を持ち、どんな経済状態にあるかなどの情報も、自分の役に立てるために知っておこうとすることでしょう。
 用のあるときだけ、猫なで声ですり寄ってきて、思い通りに相手が動かないと怒りを覗かせて反応を伺い、相手を罪悪感で絡め取ることにしくじると、今度は泣き落とし。道徳的なことばを口にして、相手を非人情だと責めるけれど、役立ってくれる相手をディスカウントするばかりで、感謝の情は湧きません。あなたから奪ってばかりで、与えることはほとんどしないのです。

Sponsored Link

初めは友人だと思って付き合っていた人も、相手の心の中に、自分という存在が、少しも浸透していないことに気付きます。
 面倒くさいことは人に押し付け、他人の持つ能力を最大限に利用したい。これが、自分のことしか眼中にない人の本音なのでしょう。無償の愛などと言う崇高なことばを好みますが、自身はそのようなものには無縁で、相手への要求に他なりません。もっと自発的に自分に尽くしてほしい、と。
 この人との間に絆を築こうとした人は、散々利用された挙句に失意を抱いて去っていくことになりがちです。いつまでたっても、友達にはなりえない人だと。
 その人にとって、あなたは友情を築く価値もない人なのでしょうか。それとも、その人は誰に対してもそのような関わり方をしてきたのでしょうか。
 顔が広く、人気者のように見えても、人の出入りが激しかったりすることはないでしょうか。自分の利益ばかりを考える人は、相手に負担をかけることが多く、人付き合いが長続きしないことも少なくありません。立場上の上下関係を離れた友人といえる人は、少ないかもしれません。
スポンサーサイト
カテゴリ: 発達障害の周辺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する