Sponsored Link

恋人を信頼できない心理

 過去にあれやこれや、傷ついた出来事があるから、元のさやには収まったけれど、また同じことが繰り返されるのではないかと気にかかる......。
 結局、遊ばれているのでは?彼にとって私は何なの? そうした不安に駆られた時には、どうすればいいのでしょうか?心の中にあるものを相手にぶつけてしまえば、一瞬にして壊れてしまいそうで、我慢我慢....。我慢しすぎて、辛いんですけど!!
 彼にとってわたしは大切な存在ではないし、愛されているように思えない。都合が悪くなれば終わってしまう関係にすぎない....。 なぜ、そのような胸騒ぎがするのでしょうか? 相手の言動の中に、そうした兆候が散りばめられているからでしょうか。
 どう思っているの?と、言葉に出して訊ねたい。でも、返ってくる答えが怖くて、口に出せない。そして、不安ばかりを募らせてしまいます。同時に、もう別の誰かを探した方がいいのかもと、そわそわと周囲を見渡したりもすることでしょう。

Sponsored Link

相手を求める気持ちの強さが、心に不安を呼び込んでしまいます。相手に愛され、幸せになりたいと、依存的な気持ちが強くなっているのです。そして、幸せをもらいたいと乞う思いは、相手にとって重いと感じているからこそ、それを言葉に出せません。
 先の約束、保証がほしいのです。たとえ、ことばでもらったとしても、移ろいやすい人の心や状況の変化の前には虚しいと知りながら、それでも、何がしかの希望がほしいのです。
 愛されたいから、彼に合わせて譲歩したり、相手からの連絡を待って一喜一憂したり、だんだん辛くなり、疲れてきます。不安は、相手の言動の中にも、ネガティブなものばかりを拾い集めてしまうのです。そうした状態では、幸せではありません。
 また、愛されたいと願っているときには、自分が相手を愛しているかどうか忘れていることも少なくありません。相手が背負っている諸事情に、ちゃんと目が届いているでしょうか? 相手の痛みを、人として理解できるでしょうか。
 相手の心変わりは、相手の問題です。いくら、様子をうかがっていても、コントロールしきれるものではありません。
 この人を支えたいという、自分の想いを信頼するところから始めたいものです。そうすれば、相手の不適切な態度に、不満を抱えながらも従うような状況も変わってくるかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 癒し・ヒーリング | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する