Sponsored Link

モラハラと自己愛性人格障害

 モラハラ加害者は、執拗に対象となった人への否定を繰り返し、相手の自信を奪おうとします。一見そうは観えませんが、自信が乏しく、自分より下とみなした存在を周囲に置くことによって、自分を保とうとする特徴があります。被害者に、自分がいたらないからと思わせようとする傾向が強いものです。実際、自分自身は、相手を自分よりも劣った存在と認識しているからです。
 人使いは荒く、友人知人であろうと使用人のように扱います。他人はその利用価値だけで測られます。人それぞれの人生の重みや、哀しみに心をはせることはありません。

Sponsored Link

他人を道具のように利用したり、優越感のために見下すと、周囲から人が離れていったり、ときには報復される場合もあることでしょう。そのため、他者不信に陥り、非常に疑い深くなることもあります。反省できないからこそ、被害者になってしまうのです。
 人を利用するとは、自分を信頼できない、ということでもあります。自分ひとりでは何もできない、だからAの仕事にはAが得意な人を、Bの仕事にはBが得意な人を見つけて、やってもらわなければならないとする思いから出る態度ですから、自分の中には充足感がありません。欲しいものを手に入れるために人を操作するという姿勢は、短期間は成功したように見えても、長くは続きません。利用され続けてくれる他者はいないので、喪失と補充を繰り返すことになるからです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する