Sponsored Link

なめられやすい人

 一見して温厚そうに見える人、優し気な雰囲気をまとった人は、なめられやすい傾向があります。他者の失礼な言動にも、キレたりせず、静かにやり過ごせることは、成熟した人格に違いありません。ところが、空気の読めない人、意地悪な人には、反撃される心配のない人と映ってしまうのです。そこで、絶好のターゲットになってしまいます。
 温厚な人には、そうした性格の悪い人の心理が理解できません。自分の何が、相手の攻撃を引きだしてしまうのかと、自分に原因を求め、悶々と悩んでしまうことも少なくありません。相手に悪意を持っているわけでもなく、攻撃したわけでもない、仲良くやっていこうと、不満や怒りを感じても、相手にも事情があるだろうからと我慢しているのになぜ?と

Sponsored Link

協調し、譲歩しようとするその態度こそ、相手の攻撃を引き寄せていることに気付きません。どんな態度を取っても許してくれる人だと思われると、相手は心理的に上位を占めているかのような錯覚に陥ります。そして、あなたの支配者であるかのように、頼みもしないのに、指図したり干渉したり、境界線を踏み越えてくることにもなりかねません。
 そうした、解らない相手には、不愉快だと態度や表情で示す必要があります。相手を傷つけるような態度を取ってはいけないと、傷つきながら耐え続けてはいけません。傷つけていけないのは、相手ばかりではないのです。自分を傷つけてはいけません。自分を傷つけてくる相手を傷つけないようにと気遣うのは、相手へのやさしさばかりだとは言えません。これまで取ったことのない態度を取ることへの、恐れや不安がそこにあります。
 傷ついた様子を見せれば、相手の思うつぼだとばかりに、平気なふりをしたり、笑顔で返したところで、なめた態度は改まらないことも多いことでしょう。時には、不快な顔で相手の要求を黙殺したり、聞こえないふりを通してみましょう。こちらが苦しんでいると知ってなお、同じ態度で挑んでくる相手との関係性など、崩壊したところで、失うものはありません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する