Sponsored Link

Win&Winになるために

 自分がしてほしいことを引き受けてくれる人がいたら、次も、また次もと頼みたくなってしまうのは人情かもしれません。引き受ける方は、初めはちょっとだから引き受けたのですが、それが、ちょっとちょっとちょっとと矢継ぎ早になり、息つく暇もなくなったのではたまったものではありません。
 相手の要求が迷惑と感じたら、迷惑と伝えることが大事ですが、それほど親しくない関係性では、これは意外と難しいかもしれません。やんわりと断ろうとしたら、強引に押し切られてしまったり、はたと気が付いたら、いつの間にか、相手がもはや友人ではなく、ただ迷惑なだけの存在になってしまっていたり。
 きっぱりと断れない人は、相手との関係性が損なわれることを無意識のうちに恐れているのかもしれません。ですが、相手の要求を引き受けることが、必ずしも相手のためになるとは限りません。
 やんわりと断られても、さらに強引に押し切って、引き受けてもらうと、そうした自分の交渉力に自信を強めていくことになります。そして、最初のNOという意思を貫けない人を、尊重できなくなっていくことでしょう。あの人の意志なんて、倒すのはちょろいものだと。
 やがて、自分は相手を支配できる存在だと思うようになるかもしれません。相手に甘えて頼りきっているのですが、自分が司令塔のような感覚になり、そうすると、たまに断られると、怒りを覚えるようになります。

Sponsored Link

頼る人に足りないのは、自分を支えてくれる人がいるありがたさへの自覚です。自分の用を引き受けてもらって大助かりなのですが、やってくれる人がいるありがたさが解っていません。感謝もせず、お礼もせず、押し付けた用事の出来栄えについて、不足を並べるばかりです。押し付ける自分よりも押し付けられる相手が劣った存在だと考えているかのようです。相手の立場に立ち、その用事にかかったコスト、時間や動労量、金銭などについて、考えてみようとしません。このような状態が続くと、もらうばかり、頼るばかりではいけないことに気づけなくなることでしょう。
 本来、頼まれごとは、引き受けられる範囲内でしかできません。無理強いされて、ずるずる負担が増えてしまっては、苛立ちがつのり、頼ってくる相手との関係性事態が危機に瀕します。こうなると、相手にもあるはずの良さなど、もう見えません。
 お互いに、相手の存在をありがたいと感じるためには、シーソーのバランスが保たれ、どちらかに傾きすぎてしまわないことがたいせつです。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する