Sponsored Link

お金を貸したがる人

 お金の貸し借りは、人間関係にヒビを入れてしまいます。安易にお金を借りる人は、お金のありがたさを解っていません。借りる相手を、そして、人生を舐めているともいえます。実際、身近な人に借金を繰り返す人の家族は、困りはてていることでしょう。
 では、繰り返し貸してしまう人は、なぜ貸してしまうのでしょうか。恋人や友人が困っているとき、自分には余裕のある額だったら、出してあげたいと思う人も、少なからずいることでしょう。
 これで、相手の役に立てる、喜んでもらえる、とその時は、そう思ったはずです。まさか、それが小さなヒビとなり、だんだんひび割れて、ついに崩壊が訪れるなどとは思っていなかったのでしょう。

Sponsored Link

多くの人は、動労の代償として、お金を得ます。それは、自分の生活を支える糧でもあります。ですから、好意で貸した少額のお金にも、やがて感情が付随してくることになるのです。
 貸したお金で相手が贅沢な買い物をし、自分は質素に暮らしていると、もやもやとした感情が湧きおこり、関係のない第三者に愚痴を言いたくもなることでしょう。
 借金癖のある人は、それ自体を軽く考えていますので、返してくれない場合も少なくありません。催促すると、被害意識にとらわれて、借りてない!などと、逆ギレする場合もあることでしょう。立場が逆転してしまうのです。
 借金癖のある人にお金を貸すのは、そうした生き方を助長させてしまうことになります。返してもらえないから、被害者かもしれませんが、何が自分を「貸す」という行為に駆り立てているのか、考えてみる必要があります。
 相手を失いたくないという依存心、自分には余裕があるという自己有能感、単に、「相手がかわいそうだから」という言葉だけでは片付けられません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する