Sponsored Link

自尊心が低い人

 自尊心が低い人は、自分を大切にしない人と付き合う傾向があります。内心では嫌だと思い、悩みながらも縁が切れず、むしろ、相手に気に入ってもらおうと、いっそう努力します。相手に受け入れられ、自分の評価を上げることによって、この状況を改善しようとするのです。
 たとえば、パワハラ上司に罵倒されながらも、人一倍働いたり、パートナーや恋人の暴力的な行動を容認したり、友人にお金を貸して、返してもらえなかったり、それでも断れずにまた貸してしまったり。
 自分に好意的な相手には注意を払わず、否定的な相手を振り向かせようと、懸命な努力をしがちです。誰からも好かれたい、そうした意識が透けて見えます。こうした状態は、攻撃的な人を招きよせてしまうことも多いものです。

Sponsored Link

弱々しい印象を与える特徴ばかりではありません。立場が下の相手、特に子供などには、過干渉のコントロール魔と化します。何でも駄目出し、相手のありのままの個性を認めません。相手のためだといいながら、痛めつけます。上の立場の人に媚び、立場の弱い人を見下して、優越感を味わおうとするモラハラ加害者の一面も持っています。
 批判を恐れ、心にもない謝罪を繰り返すこともあります。この場合、態度は改まりません。また、断固として、自分の正しさにこだわり、相手からの批判を突っぱね続けることもあるでしょう。相手によって、こうした態度を使い分けますが、心をシャットダウンしていることに変わりはありません。
 自分の自尊心の状態は、意外と自分では気付きにくいものです。まずは、心の悲鳴に耳を傾けてみましょう。常日頃、自分いじめを続けていると、他人にもそれを要求したくなるものです。
スポンサーサイト
カテゴリ: 自尊心

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する