Sponsored Link

自分の利益しか考えない人

 誰かに何かをしてもらったとき、ありがたいと思うと同時に、申し訳ないような心境になるものです。今度は相手の力になろう、御礼をしなければという負債感です。
 自己愛性パーソナリティの人には、こうしたギブアンドテイクの概念がありません。やってもらって当たり前と思っているようにすら見えます。自分のことだけに一生懸命で、自分が目的地を目指すために、他者の動力を利用し、相手の負担や置かれている状況に全く目が向かない状態といえます。
 そのため、自分の勝手な期待が、相手の事情によって拒まれると、腹を立てることもあります。思い通りに人が動かないと、烈火のごとく怒りだすこともあるでしょう。それほど、他者への甘えが強いということですが、意外と自覚はないのかもしれません。
 自分に必要な持ち合わせがないときは、当然、周囲の人が自分の分を用立ててくれると思っています。「貸してくれる?」と打診するのではなく、出してもらうと勝手に決めつけています。しかも、借りたことを忘れ、返しません。あまりにももらうことに慣れすぎ、手荒く扱うことにも慣れすぎ、自他の境界があいまいになっているのです。

Sponsored Link

自己愛性パーソナリティの人は、自分の評価を下げるような不都合な現実を直視しません。他人に対して、批判的となり、相手の価値を下げることで解決しようとします。この人にとって、他者は関心のない存在なのです。活発で一見オープンマインドですが、いつまでも親しみを感じられない人、という雰囲気をまとっています。相手に対して関心がなく、自分に役立つための存在と見なしている結果でしょう。
 また、強い依頼心から、親しくなればなるほど厚かましい要求をしてくるようになりがちです。その上、してもらったことに感謝もしないので、関わる人はストレスが溜まる一方です。
 親切で引き受けていると、いつの間にか、使用人並みの扱いになっていたりします。そして、期待通りに動かないといっては、苛立ちをさく裂させます。
 いつの間にか、勝手に上下関係が成立していることに気付いて、愕然とすることでしょう。友人だと思っていたが、この人にとっては都合よくパシリにできる子分にすぎなかったのだと気付きます。そうと気付いたら、この関係性が固定する前に、きっちりピリオドを打ち、ひとまず終わらせることがたいせつでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する