Sponsored Link

指図したがる人

 人が集まると、どのような場所でも、指示命令したがる人が現れます。名指しされて、「あれ、持ってきて。」「これ、片付けといて。」と矢継ぎ早に命令されるのでは、たまったものではありません。なぜ、自分のことは自分でやらないのか。こちらだって、暇にしているわけではないのに。それに、他の人もいるのに、なぜ、いつも自分を名指ししてくるのか。だんだん、怒りが溜まってきます。「いったい、なぜ、この人はこんなにも、わたしに嫌われたがっているのだろう?」そうした疑問も湧いてくることでしょう。相手に負担をかけたくないと思っている人は、人に命令して雑用をやらせ、自分の手間を省くことなど、考えることもしません。ですから、指示だし人間の気持ちが解らないのです。
Sponsored Link

指図したがる人は、そうすることで相手の優位に居ることを、周囲にアピールできると思っています。つまり、相手に対して、何か勝てない部分を自覚しているのです。そこで、明らかに下に位置していると見える対象よりも、優劣つけがたい相手を指名して、雑用をさせようとします。自分の優位性を、強化しようとしているのです。
 また、得にそうした理由がなくとも、たまたまそこに居る人を当然のように使って、私用をやってもらうことが日常化していることも、指図したがる人の特徴です。他人を使用人扱いするのです。常に、どの人をどの用に使えるか考えて、図々しく頼み事をします。次にお返しをしよう、埋め合わせをしようと思うような、後ろめたさを感じることはありません。思い通りに動いてくれた相手に対して、感謝することもありません。頭の中は、常に目的志向です。人間関係の機微が立ち入る隙はありません。電気製品を使うのと同じような感覚で、他者を動かそうとします。動かされている人は、なめられているような気分になります。
 泣きつかれたから、無理をしてやってあげたのに、感謝もなく、「使ってあげた」的な言い方をされたと嘆く前に、無理なこと、やりたくないことは、断りましょう。きっぱりと、「無理、無理!」と断ったにもかかわらず、来月の司会者欄に名前を書かれていた、「無理」を「OK」と解釈したのか?? ありがちなことです。引き受けてもらったと周囲に報告し、書類に名前を書いておけば、引き受けるだろうと目論んでいるのでしょうか.....
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する