Sponsored Link

自己中心的な人の特徴

 社交的で、誰とでも物怖じせず接し、初対面では好印象を持たれることが多い人の中に、交友関係が長続きしにくい人もいます。自分本位な積極性のために、相手から敬遠されることが多いのです。
 相手に関心を持たない、相手の心情や事情に想像力が働かない、といった特徴が、迷惑な言動の基底にあります。相手の心理状態を慮れば、頼みごとは必然的に、「やってもらえませんか?」というお願いの形になりますが、自己中心的な人は「やってください。」となります。これは、職場の上下関係の図です。これを日常の交友関係に持ち込みます。
 一度願い事を聞けば、味をしめたかのように、依頼を連発します。そして、思い通り動いてくれる相手は、格下に位置づけられます。好意で応じてくれた人に対して、感謝がありません。人から何かしてもらうのを、当然のことのように思っています。やってくれるのがあたりまえだから、感謝する必要を感じないのです。

Sponsored Link

ですから、自分が期待したことを、相手から断られると、大いに不満を持ちます。相手が事情や体調の悪さを説明しても、「やりたくないから病気になっている。」と解釈します。相手に対する気遣いや同情は、見られません。
 他人に対して興味がない、興味があるのは、相手の利用できる部分だけ、というのが自己中心的な人の特徴なのです。
 相手も、自分も同じ人間である、という感性を持つことが必要なのです。自己中心的な人は、常に上下で考えています。頼みごとを聞いてくれる人は、支配できている対象ですから、どんどんその地位が落ちていきます。頼みごとを引き受けることになって、依存する対象にはなりますが、尊重の対象にはなりません。自己中心的な人は、自分から愛情を発信する力が、決定的に足りていません。
 このような人と接するには、相手を思いやるのと同時に、自分の立場を守ることです。愛を注ぐと同時に、相手から利用されないよう、できることとやりたくないことの境界線を、日ごろから自覚しておきましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する