Sponsored Link

愛を乞うリスク

 恋人やパートナー、友人など親しい相手から、尊重されていない、たいせつに扱われていないと感じたことはありませんか? もしそうなら、それはあなたが、与えすぎているのかもしれません。
 マーケットでいい食材を見つけると、これを使っておいしいものを作り、あの人に食べてもらいたい、喜んでもらいたい、そう思うのは自然な心理でしょう。そうやって、時間や動力や幾ばくかの金銭を注ぐことは、関係性維持には役立つかもしれませんが、相手からの愛情や尊重を得ることにはつながりません。
 相手からの好意の見返りを得たいがために、何でも許容したり、温厚さをアピールしていると、親しみを持たれやすい半面、軽視されやすいリスクもあります。格下に位置づけられてしまうと、してもらって当たり前、それが相手の役割だから、と受け止められてしまいかねません。
 感謝やお返しを知らない相手には、いくら自己犠牲を払っても尽くしても、愛情や尊敬は返らず、たいせつに扱われることもありません。

Sponsored Link

いつまでもつれない態度を取る相手や、感謝知らずな相手に対しては、もっともっとと、さらに尽くし続けることで、相手の注意を引きたくなるものです。そうすれば、きっと、相手にとってかけがえのない存在になれるはずと。
 ところが、これは、「こいつは軽く扱っても大丈夫だ。離れていくことはない。」と慢心させる結果になります。これからも、同じような態度を取りつづけることでしょう。いつまで待っても、愛が返ってこないと嘆くことになります。
 相手を失うことが怖くても、相手の態度に傷ついたときには、自分の限界を相手に教える必要があります。それに対する相手の態度で、相手に、こちらに寄り添おうとする意志があるかどうかが解ります。全く変わらない場合には、今後どうするか、こちらの選択を迫られるときです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する