Sponsored Link

思いやりのない人

 思いやりのない人は、相手の痛みに対しての、想像力が欠如しています。相手に関心が無いからこそ、想像力を働かせようとしないのです。愛がないから、思いやれないのです。その相手を、あまり必要としていません。特定の誰かや周囲の人たちと、関係性を紡ごうとする意欲がありません。充実した人生を生きているといえるかもしれません。そうした人の関心は、常に自分の欲求や希望に向いています。

 一方、都合よく利用されてしまう人は、常に他者との良い関係性を求めています。現在が孤独であるとか、過去の嫌な人間関係の傷を抱えている場合もあるでしょう。だからこそ、新しく出会った人と良い関係を築きたい、受け入れてもらいたいという願いを持っています。
 そうした立ち位置の二人の上には、利用する方、される方の関係性が生まれやすくなります。利用する方は、雑用を人任せにし、自分の時間を作ります。だんだん、それが当然に思えてきて、感謝の念も生じません。

Sponsored Link

そればかりでなく、自分から人に任せておいて、後から気に入らないと文句を言ったり、怒ったりと、どんどん身勝手がエスカレートしていくと、どのような人も不快になることでしょう。好意もやさしさも、もらう一方で、当然としていると、どんな人間関係も破断してしまいます。人を道具のように使うだけの人だと、思われてしまうことでしょう。
 人が自分のために割いてくれる動力や時間には、口先だけではない感謝が必要なのです。相手に損をさせない配慮が必要なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する