Sponsored Link

自分勝手な人

 自分勝手な人には、幾つかの共通点があります。まず、第一印象は、明るくて、人当たりも良く、誰とでも初対面ですぐに打ち解けられる親しみやすさを持っています。ですから、交友関係は意外と広いのです。
 自分勝手な人が目的志向型です。自分がやりたいことをやるために、自分の役に立つ人、協力者を常に求めています。そのため、少し関わると、相手に色々な頼みごとをするようになります。
 逆に、相手からの頼まれごとは、自分の時間を割きたくないので、言い逃れをして免れようとします。都合が悪いときは、その相手からの電話に出ない、頼みごとがあるときだけ電話する、というように。
 自分が好ましく思わない相手、陰では批判しているような相手でも、利用価値がある場合は、自分から距離を詰めようとします。薄っぺらなお世辞で、相手をコントロールし、頼みごとを快く引き受けてもらおうとするのです。わざとらしいばかりでなく、相手の実際からずれていたりするので、解る人には解ってしまいます。

Sponsored Link

このように、人を利用する生き方に慣れすぎてしまっているのか、支えてくれる人のいるありがたみに気付けません。そのため、長く付き合っている相手から疎まれたり、疎遠にされてしまうこともあるようです。他者と、親友と呼べるような絆を持つことは少ないのですが、それを望んでいるようにも見えません。
 自分勝手な人は、自分の都合しか見えていません。そのため、媚びたり、泣き落としだったり、時には怒ってみたり、様々な態度で相手を思い通りに操作しようとします。相手が最初にノーを言ってからが勝負だと、考えているかのようです。相手の事情など、何度聞かされても頭の上を素通りしていきます。空気も読まず、周囲も眺めず、自由奔放です。
 相手が、自分の期待通りに動いてくれなければ、問題のある人としてディスカウントします。その人は、その人を主人公にした人生を生きているのであって、自分の役に立つために常に控えているのではないとは考えないかのようです。その人の立場に立てば、その人がそうした態度を取るのは当然だと解るのですが、自分の立ち位置を離れられません。そして、身勝手で狭量な見解のもとに、相手を裁いてしまいます。
 このような人が傍に居ると、その間違いを諭したい誘惑に駆られるかもしれません。ですが、その人に愛情を注げず、むしろ嫌悪感を覚えたり、非難したくなる状態では、難しいことでしょう。相手を受け入れられず、その相手を操作しようとする、それは自分勝手な人の常套手段そのものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する