Sponsored Link

自分を優先する

 他者の感情に配慮できる人は、相手を不快にしないよう、言動に気を配ります。時には自分を脇に置いて、相手を優先し、そのために自分自身が生きづらくなってしまうこともあるのではないでしょうか。
 人の気持ちに配慮できるのはいいのですが、そのために自分をいじめてしまうと、ストレスが溜まります。相手をたいせつにするのと同様に、自分自身も労わってあげることが必要です。
 波風を立てるのは悪いことだというビリーブがあると、自分の意見や都合を言えずに、相手の言うがままに引きずられてしまいます。そうした傾向が長期に渡ると、ノーと言うことができない性格傾向が作られてしまいます。
 ノーと言ったら、相手は傷つき、怒り、これまでの関係性が壊れてしまうのではないかと、無意識に怖れているのかもしれません。それほどに、その人に依存し、その人の存在が不可欠なのかといえば、そうでもありません。ただ、ノーと言う経験が乏しい、というだけのことも多いのです。
 不都合なことにノーと言っただけで絶交されるようなら、その人は友人ではありません。ただ、なんでも言いなりになって動く存在としてその人の傍にいるなら、その人の心も満たされないことでしょう。
 人間関係を円満に保つために、本音と異なる言動を取るような偽りの関係は、長続きしないものです。所詮、それは上辺だけの関係でしかなく、自覚していないかもしれませんが、相手に媚びる態度だといえます。

Sponsored Link

このような人の元には、相手に譲歩だけを迫る人が寄ってきがちです。また、配慮のない人から、そのような扱いを受けがちです。相手がおとなしいのをいいことに、貪り、吸い取るだけの人は、相手をたいせつにしているとは言えません。そのような人に、気に入られる必要はないのです。
 毅然とした態度が取れない、ノーと言えない人は、人間関係の依存体質かもしれません。周りの人たちから受け入れられたい、初対面から自分を嫌っているような人とも、仲良くやっていきたい。相手の評価を、こちらの親切で変えさせたい。
 成長期に虐待を受けた人には、受け入れられたい願望と、拒絶されることへの恐れが、人一倍強いものです。孤立する辛さを十二分に味わってきたからこそ、受け入れられる自分を演じたいのです。誰とでもうまくやっていかれる自分になりたくて、そのために八方美人にもなり、結果として信頼を失うこともあることでしょう。
 「自分だけがなぜか嫌われる。他の人たちはみんな仲良くやっている。」という誤った見解を捨てましょう。あなたは、これまで、よく頑張ってきました。持ち前の素直さとやさしさで、概ね、多くの人たちと良い関係を築けてきました。ただ、一握りの一筋縄ではいかない人たちに苦戦しているのです。
 断りたいけれど、きっぱりと言いづらい。どうしてもノーと言えない。反対意見を言うのも億劫。それでも、他者に配慮できる人は気付いてくれました。無理強いはしません。そのような人たちとしか、よい関係は築けません。
 支配的な人、搾取的な人とも、良い関係を築きたいと願い、言いなりになってしまうのはもうやめましょう。相手を求めない気持ちがあると、おのずと相手への態度も変わってきます。
スポンサーサイト
テーマ: 癒し・ヒーリング | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する