Sponsored Link

嫌われることへの恐れ

 受け入れられたい。好感を持たれたい。避けられたくない。浮いた存在になるのは嫌だ。過去のトラウマから、こうした潜在意識を持っていると、伸び伸びと自分の意見が言えなくなります。ノーと言いたいときにも言えません。
 これは、相手にとっても不幸なことです。感がいい人なら、表現されていない真意を苦も無く察することができるかもしれません。ですが、鈍感な人も、配慮できない人も、大勢いるのです。
 相手との関係を良好に保つために、自分の感情や考えを抑圧し続けるような関係は、長続きしません。いつか疲れ果て、怒りが芽生えてしまいます。どのような関係性であろうと、持続する関係には、互いに相手を理解しようと努め、相手の事情や感情に配慮する、自然な気遣いがあります。
 譲ってくれる相手に、さらに譲歩を求める人は、その相手をたいせつにしているとはいえません。

Sponsored Link

こちらの都合を考えようともしない人、こちらの自尊心を挫くような態度を取りつづける人と、親しい人間関係を築くのは困難です。
 いつも譲歩して相手の都合に合わせているにもかかわらず、それを良いことにさらに要求し、見下した心情をのぞかせる人に、尽くし続けるのは疲労困憊します。他にもっと、楽に付き合える人はいるはずです。相手が自分のことを対等だと思っているのであれば、見解が食い違ったからといって、その関係が壊れることはありません。
 なぜ、自分を粗末に扱う人に好かれてしまうのか、なぜ毅然とノーが言えないのか、その原因は依存体質にあるかもしれません。子供のころ、差別されたり疎外された辛さを知っているから、誰からも受け入れられる自分になりたいから。ひとりぼっちだった自分を恥じてきたから。だから、承認欲求が強いのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する