Sponsored Link

支配欲の周辺

 支配欲の強い人は、一方で、困った人を助けたい人でもあります。困った人がいると聞けば、急いで駆けつけます。
 そして、手を差し伸べるのですが、それは周囲の評価を得たいという強い願望から生みだされた行為なのです。初めは気付かなかった相手も、やがて、そうと知るようになります。「この人は、わたしの問題に何の関心もない。関心があるのは、ただ、差し伸べた自分の手が立派に見えるかどうかということだけ。陰では、こうした問題を抱えるに至った私の愚かさを笑ってさえいる。」と。
 自己顕示欲は、自己中心的な願望だとしても、支配欲の強い人は、それだけの動力を払っているのです。その行為自体はいいことなのですが、自分もこんなに犠牲を払っているのだからと、周囲の人にも、同じような行動を求めます。

Sponsored Link

問題行動はいつも、弱者に向けて行われます。弱い立場の相手に命令して、自分に奉仕させようとするのです。人のために役に立つ人間でなければ、価値がないとばかりに。
 奉仕されてもされても、内心の飢餓感が満たされることは無いので、さらにさらにと、要求は激しくなります。相手が、その要求の激しさに潰れてしまうまで。
 慈愛の心の乏しさが、根底にあります。人を助けるときにも、その相手への同情やいたわりの心がありません。誰かを自分の召使のように扱う時も、同様です。相手の都合などお構いなしです。断られると、「あの人には、他者の役に立とうという心がない。」という持論になります。
 このような態度であり続けると、当然誰かから、時には面と向かって非難や抗議されることもありますが、聞く耳を持ちません。都合よく心にシャッターを下ろしてしまいます。そして、その抗議も、抗議する人の問題としてしまうのです。
 自分で自分を満たすことを覚えないと、いつまでも喝さいを求めて奔走し、そうした自分を称えよとばかりに、身近な対象に対して、心ない、人使いの荒い人間になってしまいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する