Sponsored Link

自己愛性パーソナリティ その対応

 自己愛性パーソナリティの人は、他人は全て自分の役に立つために存在していると思っているかのようです。少し親しくなると、あれこれ図々しい頼みごとをしてくるようになります。
 してくれることを当たり前のように考えているのか、引き受けたからといって、感謝もされません。しかも、これまでなんでも言いなりになってくれた人が、不服を口にすると、困った人だとばかりに、逆ギレ、癇癪球をさく裂させることもあります。
 あなたが親切心から引き受けていると、いつの間にか、召使いのようにみなされてしまいます。逆に、こちらから何か困っていることを打ち明けても、上の空で、まともに聞いている様子もありません。何か力になってあげよう、などという姿勢は全く見せません。
 最悪の場合、あなたが強引に頼まれて、したくもないことを引き受けた結果、その出来栄えが芳しくないといって、責められたり、責任を押し付けられます。うまくいった場合は、その手柄はその人のものになります。

Sponsored Link

自己愛性パーソナリティの人と付き合う場合には、都合のいい存在にならないよう、気を付ける必要があります。他の人たちと同様に接していると、あなたの優しさや親切心につけ込んで、あなたを利用し続けることになるのです。
 このパーソナリティの特徴は、自分勝手な頼みごとがあるときだけ、コンタクトを取ってくることです。そうした時に限って、丁重な態度で接してくるかもしれませんが、油断して引き受けると、面倒なことに巻き込まれた挙句、感謝もされず、文句を言われ、憎まれて終わることになりかねません。この人の手足として働くことを、きっぱりと断ることがたいせつです。ずるずると召使いのような関係を続けていると、うつ状態になってしまいます。
 自己愛性パーソナリティの人は、パワハラ、モラハラの加害者になりやすいものです。この人は、自分しか見えないのです。相手の立場や心情に、配慮が及びません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する