Sponsored Link

人を見下す人

  何らかの点で、自分より劣った人を見下す心理は、誰にでもあります。ただ、それを小ばかにしたような口調で言葉に出し、周りの人を不快にさせてしまう人は自制心が足りません。

 そうした人は、自分に自信がなく、周りから受け入れられるかどうかを、いつも気にしています。自分の置かれている現実が、思い描いた理想に及ばず、思い通りにならないことに不満をため、いつも苛立っているのです。
 努力で解決できるものなら努力するでしょうが、自分の能力や人格の傾向や限界を知っていますから、無能感を払拭できません。コンプレックスは、蓄積していきます。それがイライラと不愉快な気分になってしまうのです。

Sponsored Link

周囲の人や有名人をディスカウントすることは、自分が優れた価値観を持っているような気がして、爽快感をもたらします。やがて、自尊心を保つために、病みつきになってしまいます。他人を見下すことがストレス解消になっており、聞いている人の不快感など考えません。

 人を見下す人は、自慢話を好みます。周りの評価を上げることで自尊心を保ちたいのですから、当然でしょう。話を盛って実際よりも良く見せたり、嘘が盛りこまれていることもあります。
 また、選択肢が乏しく、かたくなに自分の「道」「やり方」を信じている人も、狭量で他者の生き方を否定しがちです。

 周囲の人は、この人のコンプレックスを癒してあげるよう心掛けることが、付き合いのコツといえるでしょうか。良い点を見つけたら、積極的に言葉にして、褒めてあげるなど。あまり、あからさまなお世辞は逆効果ですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する