Sponsored Link

あなたの隣のサイコパス

 あなたの身近にいる困った人には、次のような特徴はないでしょうか。
 精力的で堂々として、遠目には、行動的で勇気のある人物、のように見える。この人の脳は、不安感や恐怖感を感じにくい構造になっています。そのため、刺激的な挑戦を求めます。
 口にする言葉も楽観的で、表面的なお世辞もうまく、人たらしです。いつも、取り巻きに囲まれていることも、多いものです。
 ですが、付き合いが長くなると、気付きます。自分の評価を上げるために話を盛ったり、日常の約束を守らなかったり、その場限りの小さな嘘が多いことに。
 そのようなことを非難されても、くじけず、心折れず、そして、懲りません。翻弄される周囲を蹴散らして、衝動のままに、我が道をいきます。そのため、つきあう人間がしばしば変わり、つきあいがなくなった相手には執着しません。

Sponsored Link

付き合っている相手に対しても、関心がありません。相手は、それぞれの人生を生きる心を持った他者、心を分かち合う友人というよりは、便利に使える自分の道具といった感覚です。表面的な人当たりはよいのですが、他者に対する共感性そのものが低いのです。

 相手の痛みを察知する能力が乏しいと、必然的に他者は支配すべき存在になっていきます。他者に対して、優位に立ちたがり、支配したがります。そして、力になってくれる相手を、軽んじます。相手の感情など、関心の外なのです。
 自分の言動が、他者に苦痛や被害をもたらした事が明らかになると、表面的に謝罪はします。これには、申し訳ないという心情が伴いません。「あの人はキツイ」と陰で非難し、相手の難を探して吹聴することもあります。相手にまだ、利用価値があると思ううちは、一応謝罪するのです。

 自己中心的で、「自分には人格に難がある」と公の場で公言しながらも、それを免罪符にするかのように、相手への迷惑行為は改まりません。人の身になって考え、良心の呵責を覚えることがないので、何度も同じ過ちを繰り返します。

 サイコパスは、捕食者です。口先や表面的な魅力で、相手に取りいると、自他の境界線を踏み越えて、あつかましく押し入ってきます。自己評価が低く、孤独で依存心が強く、主体性にかけているような人にとって、それは必ずしも不快ではないかのもしれません。親しく付き合うようになる場合も多いものです。
 サイコパスは、このように心理的に弱い人、どれほど粗末に扱われても相手にしがみついてしまう人を、苦もなく利用します。
スポンサーサイト
カテゴリ: 発達障害の周辺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する