Sponsored Link

意地悪のターゲットにならない

 意地悪な人は、人の弱点を突くのが得意です。相手が困惑したり、傷つく姿を見て、楽しむという特徴を持っています。意地悪をすることに対して罪悪感がなく、嫌われることへの恐れもなく、相手の苦痛に対して共感性もないので、自分の欲求のままにを意地悪をする傾向があります。

 いつ、このような人物のターゲットにされないとも限りません。常日頃から、「場」に気心の合う仲間を作っておくことが大事です。意地悪をされても、「ドンマイ」「気にしないで」と言ってくれるだけで、受ける衝撃の量が軽減されます。
 また、そうした仲間の大勢いる人には、意地悪が近づきません。こちらが、仲間を増やすと、意地悪な人の方から、歩み寄ってくる場合も少なくありません。
 一方、「あなたは苛められやすいタイプだから」とか「おとなしくしてるからダメなんだ」というように、被害者の責任ばかりを指摘する人は良いアドバイザーとは言えません。生来の気質は、指摘されたところで、容易に変えられません。かけがえのない個性を恥じて、自己評価が下がるばかりです。

Sponsored Link

意地悪をやめてもらおうと、過度に媚びて機嫌を取ったり、気遣いのしすぎは逆効果になります。そうした態度をバカにして、ますます相手の身勝手は増長するばかりでしょう。
 相手に気にいられることによって、意地悪をやめてもらおうと考える人は、相手の攻撃に対して怒ることができません。受け入れがたいことに対して、口をつぐみ、我慢するばかりです。相手の機嫌を損ねるようなことは決して口にせず、「わたしはあなたの味方」の路線を貫こうとします。
 このような、抵抗や口答えしない人を軽んじて、強気に出るのが意地悪な人です。この戦略は通じないと見限ったら、素直な感情や意思を見せていくようにしましょう。
 
 そもそも、あなたの感情を害することを狙っている人に対して、気遣いする必要もないのです。「あの人にも、きっと良いところがあるはず」とか「あの人もストレスが溜まっていたり、きっとなにか意地悪をする理由があるに違いない」などと、相手を理解しよう、理解することによって許せるかもしれないなどと、思う必要もありません。「可哀相な人」などと、できそうもない同情をしようと努める必要もありません。自分自身を守ることの方が、先決です。

 個性や人格を否定されて育ってきた人は、意地悪を受けると、自分の何がいけないのかと自分を責めて、自己否定感を強めていきます。どのような人とも仲良くできるのが良い性格だと、養育者から洗脳されてきたからでしょう。他の人たちは、誰とでもみんな仲良くやっている、自分だけがうまく関われない、と悩んでいることも少なくありません。

 誰とでも仲良くしなければならない、の呪縛を解きましょう。人付き合いをたいせつにしすぎると、感情労働というコストが嵩みます。容易に解り合えない相手ほど、そのコストが高くつくものです。それよりも、互いに否定する要素が少なく、一緒に居てくつろげる相手との時間をたいせつにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する