Sponsored Link

人間関係に疲れる人

 誰に対しても、いつも笑顔で接することを心掛け、相手の話題に相槌を打ち、興味を持って聞いているかのように装い、相手からの心ない仕打ちにも、相手の事情や自分の落ち度を省みて、許し受け入れようと努力する。人間関係に疲れる人は、忍耐と努力が過剰になっています。良好な人間関係は心地いいものですが、自分を偽り、努力して作り出そうとすると、疲れます。

 もちろん、相手もこちらの気遣いに気付きますから、初対面のころから時間を経るにつれ、互いに気心が知れ、無理せず付き合える関係に移行していくことでしょう。ただ、そうはなれそうもない人に遭遇した時、このスタイルではさらに関係が悪化します。
 そうした相手に対しては、はっきり「NO」を言ったり、表情や態度で意思表示する必要があるのですが、優しい人は負の感情を見せることや、拒絶を示すことをためらい、ストレスをどんどん溜めこんでしまいます。

Sponsored Link

生来の気質や、生きてきた背景が異なると、人はなかなか相手を察するのが難しいものです。遠慮や努力で、相手からの好感を勝ち取れない場合もあります。なめてかかられ、いいようにあしらわれてしまうことも、少なくありません。
 そのような相手に対しても、相手の良いところを探し、寄り添っていこうとする。人間関係に疲れる人は、しなくともよい努力を重ねがちです。
 良好な人間関係とは、それほど我慢や努力を強いるものでしょうか? 自分を取り囲む人間関係を安全なものにするために、対立や疎外のストレスなく過ごせるために? 
 懸命な努力にもかかわらず、相手から意外と受け入れられないのは、それが下心にもとづく営業スマイルだと見抜かれているからかもしれません。
 自分が嫌いな相手にも、気に入られたい。平安な日常のために。平和主義者の深層心理には、こうした願望があります。自分では無自覚かもしれませんが、他者の目には解りやすいといえるかもしれません。
スポンサーサイト
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する