Sponsored Link

怒れない人の心理

 誰かの言動に傷ついたとき、瞬時に言い返せないと、後になって、ああ言えばよかった、こう言ってやりたかったと、悶々とすることになります。言われっぱなしになっていた自分の不甲斐なさに苛立ち、相手への怒りは時間とともに静まるどころか、膨れ上がるばかり。とはいえ、その相手はもう傍にはいなくて、どうすることもできません。
 もし、即座に返せたならば、傷ついたとしても、その傷は浅いことでしょう。いつも、何も言えなくて、後になって関係のない友人知人に愚痴を言ってしまう人が、ちゃんと対処できるようになるには、どうすればいいのでしょうか?
 まず、相手の言葉が突き刺さった時、自分が感じた怒りを、すぐに自覚することがたいせつです。瞬時に怒りを感じられず、後になってこみ上げてくるという人も、少なくありません。そうした人は、常にブレーキを踏み続けています。抑圧がかかっているのです。

Sponsored Link

人を傷つけてはいけない。怒りを見せると相手は傷つく。それは悪いこと。未熟なこと。だから、怒ってはいけない。こうした信念を、強く持っています。
 そこには、無自覚であっても「平和を保ちたい」という潜在的欲求があります。そのため、受け身になりやすく、争いになるような局面を好みません。
 沸き上がる怒りをの常に抑え込む癖が付いてしまうと、怒りをすぐに自覚できなくなってしまいます。後になって、思い返し、いくらなんでもあれはひどいと、やっと憤るといった状態です。

 怒りの感情は、決して悪いものではありません。自分が傷つけられたことを告げる自尊心の痛みです。怒りは悪、という価値観を修正し、湧いてくる怒りの感情を無視しないようにしてみましょう。悪いものだと思うから、隠したくなるのです。「怒りを感じてもいいんだよ」と言ってあげましょう。
 怒りを見せることは、勇気のいることです。これまで安心を見出していた平穏が崩れる危険なことです。それを恐れるあまり、内面に押し込み、ストレスの多い生き方をしてきたわけです。
 もうその苦痛は充分堪能しました。これからは、時には嫌なものを嫌という少しの勇気を持つと、違う世界が現れるかもしれません。それは、よりストレスの少ない世界です。
スポンサーサイト
テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する