Sponsored Link

ノーを言わないリスク

 ノーを言うのが難しいと、感じる場面も多いのではないでしょうか。相手の期待に応えることによって、自分という存在を受け入れてもらいたい、好感を抱かれたい。自分の居場所を、居心地のいいものにしたい。そういった理由から、ノーが言えない場合は少なくありません。

 その結果、望まないことに、時間と体力を費やすことになります。自分の感情を封印し、不本意な承諾をしているのですから、ストレスも溜まります。
 そればかりではありません。自分の望まない方向へ、どんどん押し流されてしまいます。自分の不得意な分野、関心の無い分野で、悪戦苦闘することになりかねないのです。ノーを言えずにいると、こうしたトラブルに巻き込まれます。

Sponsored Link

 また、ずるい人は、ノーが苦手な人をいち早く見抜き、ターゲットにすることも多いものです。あの人なら断れないだろうと、厄介事を次々に持ちこんでくる人もいるでしょう。
 手に余ると思った時は、はっきりノーを言いましょう。人助けすべきだなどと詰めよられても、人助けは無理強いされるものではありません。自分の価値観とあわないこと、承服しかねることに関わってはいけないのです。それは、自分の本質を捨てることですから。

 他人が持ってくるトラブルや、自分にとって不利益なものを避けるために、ノーを言うことは想像以上に大切です。まず、ノーを言わなかったことで何を失い、何を得たかを考えてみましょう。
 借金の申し込みや、厄介な頼まれごとを引き受けたからといって、相手にとって特別な存在になれたでしょうか。返してほしいと催促した場合や、こちらからの頼みごとに快く応じてくれたでしょうか。相手に取って、都合のいいだけの存在でしかなかったと、愕然としたことはなかったでしょうか。
あれほど、無理をして相手の言い分に応じたにもかかわらず。
スポンサーサイト
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する