Sponsored Link

ずる賢い人

 ずる賢い人は、往々にして人当たりが良く、親しみやすい印象であることが多いものです。そのため、相手の懐にすんなりと入っていく事ができます。
 見え透いたお世辞を躊躇なく口にしたり、おだて上手で、他人をその気にさせるのも得意です。お世辞は、多くの人にとって社交辞令であったり、友好関係を結びたい意志であったりしますが、この人の場合は、相手を利用可能な人材として、取り入るための手段ともいえそうです。

 困っている人、問題を抱えた人に積極的に近づいたりしますが、その割には、相手への同情や共感といった人間味が感じられません。自分を誇り、周囲の評判を上げようとする意図を感じとり、嫌悪する人もいることでしょう。また、力を貸してもらった相手が、何か卑しめられたような、後味の悪さを感じることもあります。
 関心が、常に自分の利益に向いているので、目上の人や利用したい人には猫なで声ですが、自分にとって得にならないと思う場合には、手のひらを返したように、一転して冷たい態度を取るものです。ある程度、親しくなり、気を使う必要がなくなると、途端に横暴になり、支配的になるのも特徴です。
 人当たりのいい人を演じているときも、相手の感情に共鳴することができません。周囲の人は、何か、情緒的に触れ合えない違和感を感じている場合も、多いことでしょう。

Sponsored Link

自分にとって都合のいい自説を巧みに振りかざし、人を利用するのが得意です。自分のことしか考えず、自分の利益のために相手の好意を利用します。
 相手をコントロールできたこと、それは、勝利ですから、自分の有能感を高めることになっても、便宜を図ってくれた相手に恩義を感じたり、好感を覚える理由にはなりません。むしろ、御しやすい相手だと決めつけて、軽く扱うようになっていきます。

 自分の目的を達するためならば、相手が不利益を被っても、気にしません。なにしろ、初めから、自分の都合しか眼中にないのですから、考えもしません。
 自分と付き合うことで相手が支払うコストにも、関心を持ちません。得ることを当然のように受け止め、そのために相手が犠牲を払ったり、心身が傷を受けたとしても、気にとめません。利用する相手のことを、必要な時に自由に使える道具のように思っているのも特徴の一つです。

 良心は、相手の痛みを想像する能力から生まれます。また、相手の痛みに共感できることで、情緒的な絆が育っていきます。
 情緒的に触れ合わず、自らの利益だけに終始して、他人を使い捨てる人は、他者と継続的な関係を結ぶことが難しいものです。ですが、利用価値の無い人たちに嫌われたところで、この人は気にしません。
 自分にとって有利な人と、お近づきになる能力には長けているのです。誰かが去っていっても、また新たな誰かが、この人の周りに集まります。「感じが良くていい人」と、その第一印象を語りながら。
スポンサーサイト
テーマ: 発達障害 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する